会長挨拶

会長 中井康雄
新年あけましておめでとうございます。
令和2年の輝かしい新春をお健やかにお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。
昨年は全国各地で多くの自然災害が発生し、集中豪雨や台風が猛威を振るい多くの方が犠牲になり、今なお行方不明者の方もおられます。また、住宅の全半壊に見舞われ仮設住宅での避難生活も余儀なくされています。お亡くなりになられた方に心よりご冥福をお祈り申し上げると共に、早い復旧・復興を願い被災された方々にお見舞い申し上げます。
地球温暖化の関係もあり、台風・豪雨災害の度合いも年々威力を増し予測出来ない自然災害に見舞われた一年でありました。最近では、関東地方や東北地方での地震が相次ぎ発生しており活動期とも言われ、いつ起こるとも知れない首都直下型・南海トラフ大地震等の大規模災害に備える必要があると思います。他人事とは捉えず、日頃からの自然災害に備えや家族との連絡方法などについて、どのような行動をとるのか考えていただきたいと思います。
また、11月中旬に山間部でクマの痕跡情報が入り、行政から散策などされる方への注意喚起の周知がありました。野山に有害鳥獣の餌が無く麓(ふもと)まで餌を求め来ていますので、不要な山林などの立ち入りは避けてください。
昨年は選挙の年であり、1月の市議会議員選挙に始まり春の統一地方選挙である京都府会議員選挙、夏の参議院選挙、そして亀岡市長選挙が実施されました。結果は別として、篠町地域も投票率が低迷している状況でありました。有権者の皆様には、関心を持っていただき棄権することなく投票場へ出向いていただき、より一層意識向上に取り組んでいただきたく思っています。
一方、自治会事業・活動につきましては、区長をはじめ各種団体のご協力を得て、鯉のぼり・敬老会・防災訓練・篠町地域学校協働活動事業(体験むかし遊び)等多くの行事を終えることが出来ました。また、一大行事である篠町町民運動会は台風19号の来襲に伴い、残念ではありましたがやむなく中止とさせていただきました。
保津川かわまちづくりに関連して、桜並木や松並木の環境整備事業につきましてクリーン推進委員や町つくり推進会員そして農地水環境推進会議の皆様にご協力を得て除草、清掃活動が実施出来ました。
今年も「賑わいのあるまち篠町」の更なる発展と安全・安心な町つくりを目指し皆様方のご協力とご支援をいただき取組んでまいりますのでどうぞ宜しくお願いします。
結びに、皆様方のご健勝ご多幸を心よりお祈り申し上げ新年のご挨拶とさせていただきます。