会長挨拶

会長 中井康雄
皆様には、平成31年の輝かしい新春をお健やかにお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。
昨年は自然災害に多く見まわれました。6月は大阪府北部地震7月に西日本豪雨、市域では尊い1名の方が犠牲になられ、心よりご冥福をお祈り申し上げます。その後災害に匹敵する酷暑、そして台風の来襲、秋雨前線など多くの災害が発生、特に台風21号では市域はもとより、篠町でも神社の神木の倒木や民家の屋根瓦が多く破損をいたしました。自治会といたしましても、早い復旧・復元を望むと共に被災された方々にお見舞いを申し上げます。また、豪雨災害や台風に備え区長・自主防災会地区長・篠町消防団員・民生児童委員ほか各種団体の方々には地域での見守りや警戒など防災活動にご尽力をいただき誠にありがとうございました。近い将来発生すると予測されています、南海トラフ大地震等の大規模災害に備え、防災・減災を目的として自治会では昨年11月18日に自主防災訓練を実施いたしました。「自助・共助・公助」を基本の考えてとし防火・防災意識の向上に努めていただきたく思います。
2019年度は選挙の年であり、一番身近な選挙では亀岡市議会議員選挙が1月20日の告示で27日に投開票が行われます。また、4月には京都府議会議員選挙、夏には参議院議員選挙、秋には亀岡市長選挙が行われます。町民の皆さま(有権者)には、関心を持っていただき棄権することなく投票場へ出向いていただきたいと思います。
また、天皇陛下が本年4月30日に退位され、皇太子さまが5月1日に即位されることが決まりました。この日程で平成が幕を閉じ、新たな時代のスタートとなります。
一方、自治会活動につきましては、区長をはじめ町つくり推進会や各種団体のご協力を得て、鯉のぼり・七夕等のイベントや敬老会・運動会・防災訓練・心の教育等多くの行事を終えることが出来ました。
保津川かわまちづくりに関連して、桜並木や松並木の環境整備事業につきましてクリーン推進委員や町つくり推進会員そして農地水環境推進会議の皆様にご協力を得て除草、清掃活動が実施出来ました。
本年も「賑わいのあるまち篠町」の更なる発展と安全・安心な町つくりを目指し皆様方のご協力とご支援をいただき取組んでまいりますのでどうぞ宜しくお願いします。
結びにあたりまして、皆様方のご健勝、ご多幸を心よりお祈り申し上げ新年のご挨拶とさせていただきます。