クリーン推進研修会

7月10日エコトピア他

 クリーンな地域環境作りを目的に亀岡市のごみ処理施設の見学研修を行い、各区のクリーン推進員と委員16名の参加を頂き、研修内容の一部を紹介します。
①エコトピアゴミ処理施設場
平成19年に現在の埋め立てゴミ最終処分場として建設費35億円で建設され、埋め立て耐用年数15年で稼動開始されたが、その後・分別・リサイクル・ゴミ減量等により4~5年の延命効果になっているとの説明があり、今回の研修全体を通じリサイクルの効果と協力要請を強く感じました。
②浄化センターでは、下水汚水の浄化システムと、汚水が浄化されていく行程を見学し、土地の低い地域で、汚水逆流を防止する予備の新たに処理能力拡大を見学しました。
 参加頂いた委員さんは、環境問題とゴミの減量について深い関心を持っていただき、熱心な質問が次から次に出される研修会となり、この研修で学んだ事を、各地域で啓蒙して頂くことをお願いして研修会を終えました。

編集長 について

京都府亀岡市篠町自治会です。
カテゴリー: 行事 パーマリンク