西川ふれあいの会活動報告

 今年度、5・7・11月に、自治会役員・各区クリーン推進員・篠町町つくり推進会・安詳小学校ボランティアの子ども達・隣接する区の住民と、亀岡電子㈱・コンビ二店から、毎回100名を超える参加で実施しました。
『川は暮らしの中を流れる』
7年前に、半年かけ篠町に流れる河川のゴミ調査を自治会の有志で始めた事業です。プロジェクト保津川の協力でゴミマップを作成。その結果、市街地を流れる西川が、亀岡で一番ゴミが多い川と分かりました。暮らしの中を流れる川は文化のバロメーターです。府・市・自治会と行政と地域住民の協働で、「西川左岸ふれあいの会」が発足して6年が経過しました。遊歩道が整備され、川には魚路が作られ、会の清掃活動でゴミが大幅に減少しました。
西川清掃後有志にて、桂川右岸の植樹の桜回廊の除草清掃を実施しました。
蛍飛び交う環境を子どもたちにと願い1年の計画を終えました。

編集長 について

京都府亀岡市篠町自治会です。
カテゴリー: 行事 パーマリンク