亀岡防推協篠支部総会

4月23日 篠町自治会

  亀岡防犯推進委員連絡協議会篠支部29年度総会が自治会館2階ホールで開催されました。新しく就任された中井康雄自治会長をお招きし、28年度活動報告等が審議されました。
防犯推進委員は自治会活動と連携し、34名の委員が村田登茂子支部長の下、地域の防犯活動のみならずイベントの交通整理、小学校登下校の児童の見守りなどにも積極的に協力しています。毎月10、20、30日には夜の徒歩による防犯パトロール、毎週土曜日と警察署から指定された日の夜には自治会の公用車に青色回転灯をつけたパトロール、毎月第3水曜日にはスーパー内での万引き、非行防止の巡回を実施しています。
28年の亀岡警察署管内の犯罪は前年比で2割減と大きく減少していますが、一方空き巣、万引きと、痴漢などの性犯罪は増加しています。交通事故の状況については火曜日の発生が突出して多く、時間別では夕方の4~6時の発生が一番多く、次いで朝の8~10時が多い結果となっています。年齢別では65歳以上の高齢運転者による交通事故が全体の37%を占めています。地域別では篠地区が一番多いという悲しい結果になっています。(平成28年版亀けい白書より)

編集長 について

京都府亀岡市篠町自治会です。
カテゴリー: 各種団体 パーマリンク