国民文化祭・京都2011、亀岡祭参加

区長のみなさん

区長のみなさん

国民文化祭は都道府県が持ち回りで、今年で26回目の開催となります。
昨年10月10日・11日のプレ事業には、ガレリアかめおかの庭園で、丹波亀山城と竹灯ろう(300基)を出展しました。

町つくり推進会のみなさん

町つくり推進会のみなさん

今年は、国民文化祭 亀岡祭の取り組みとして、あかりの祭典に参加しました。あかりのオブジェとして、「竹取物語」と「明智光秀像」「細川ガラシャ像」及び「灯ろう(60基)」を出展。セレモニー会場周辺に亀岡市立小学校の低学年が描いた「竹灯ろう(1650基)」を並べ、区長・町つくり推進会会員2名が参加し亀岡祭を盛り上げました。
竹とうろうまたメイン会場では、練り物行列(保津の火祭り、出雲風流花踊り、犬甘野御田祭り、佐伯灯籠、丹波亀山藩のお殿様と家来たち等)、山鉾11基が駅前に集結し、亀岡祭曳山囃子を披露していました。

(南郷公園周辺)

編集長 について

京都府亀岡市篠町自治会です。
カテゴリー: 行事 パーマリンク