迎春 門松飾り

正月飾り篠町自治会、篠町町つくり推進会で、12月25日に、篠町自治会の玄関と、JR馬堀駅前東広場に、篠町で育った材料で作った門松を飾りました。
門松は、歳神(としがみ)の依代(よりしろ)といわれ、歳神が宿る安息所であり、神霊が下界に降りてくるときの目標物と考えられています。
歳神の別名を「お正月さま」「若年さま」「歳徳神」などとも呼ばれ、正月に家々に迎えられる神をいいます。
門松は、1月9日篠村八幡宮の「とんど焼き(左義長)」まで飾りました。

(JR馬堀駅前、篠町自治会玄関)

編集長 について

京都府亀岡市篠町自治会です。
カテゴリー: 行事 パーマリンク