第15回歴史探訪 ~唐櫃越を歩く~

11月2日 唐櫃越

141102歴史探訪1 本年度の歴史探訪は「敵は本能寺にあり」と1582年6月2日(天正10年)「明智光秀」が本能寺に宿泊していた織田信長を攻めた時に明智軍が進軍した「唐櫃越」を歩きました。
午前8時30分自治会に集合した120人(10歳から80歳)の参加者は篠町自治会がJR馬堀駅前に設置した「唐櫃越 本能寺への道」の看板前で説明を受けたのち、篠町山本地区の如意寺から「標高430mのみすぎ山」頂上に向かって急坂の尾根道を息を切らしながら登りました。
141102歴史探訪2 みすぎ山の山頂からの見晴らしは素晴らしく愛宕山方面や保津川渓谷は霧の動きで「水墨画」のような幻想的な風景に感動しました。
頂上からの林道は紅葉が美しく色ずく中を、参加者は往時の明智光秀に想いを馳せながら「中の谷」を経由して篠村八幡宮までの13㎞を1人の落後者もなく午後2時30分無事歩き解散しました。141102歴史探訪3

編集長 について

京都府亀岡市篠町自治会です。
カテゴリー: 行事 パーマリンク