桜並木の草刈を実施

 6月14日 8月12日 保津川桜並木

  恵みと被害をもたらす母なる川「保津川」の南側にかすみ堤防があります。上流は千本松、下流には桜並木がそれぞれ植栽され、その維持管理のため年2回草刈りを実施しています。
早朝から各区長さんや篠町まちづくり推進委員の皆さんが道具を持ち寄り、実施しました。
木々は植えてから手間がかかります。数十年後にその松や桜が満開となり多くの市民の憩いの場となるように、思いをはせながら汗を流しました。
亀岡市の木としての桜は、春になると一斉にその花を咲かせてくれます。いつの日か
その桜並木が地域の景観と溶け合い、将来、市民や観光客の目を楽しませてくれる事に希望を託して、草刈り作業を実施しました。

編集長 について

京都府亀岡市篠町自治会です。
カテゴリー: 行事 パーマリンク