クリーン推進委員研修会

7月7日 桜塚クリーンセンター他

 篠町クリーン推進委員、区長の参加を得て、エコトピア亀岡の広大な埋立地や分別作業工程、焼却場などを施設見学した後、積極的な質疑応答で理解を深めました。
年谷浄化センターでは各家庭からの下水が浄化される処理工程を見学した後、施設の概要とその処理能力などを学習しました。
140707クリーン 日常の生活から出る汚水やゴミを如何に減らすか。資源化して再利用するか。3R(ゴミ量の減少、再利用、資源化)という大きな目標に向けて、10月からペットボトル等の再資源化に向けた取り組みが実施されます。
普段何の気なしに見落とすゴミ問題について、実際に処理される現場を見ると、今我々町民が3R運動をよく理解し,如何に行動するかという事に気付かされる貴重な研修会となりました。
その意識の高さはその地域の文化度、コミュニティー力の強さ、文化度を示すバロメーターのような気がしてなりません。
毎日、裏方としてその業務に従事していただいている関係者の皆さんに、感謝とお礼を申上げ、大切な資源を有効に活用し、さらにゴミを減らし、資源化してゆく事の大切さを学習できました。これからは我々市民がどうのように行動するか、実践するかです。

編集長 について

京都府亀岡市篠町自治会です。
カテゴリー: 研修 パーマリンク