「平和の灯」で竹灯ろうに点火

8月7日JR馬堀駅前周辺

140807光の祭典1 篠町の夏を彩る「第11回光の祭典」が8月7日JR馬堀駅前を主会場に周辺一帯で開催しました。
今年は戦没者や災害犠牲者を悼み、世界平和を願う「第63回亀岡平和祭」で太陽光から採火した「平和の灯」を分灯していただいた火を使い七色公園の竹灯ろうに点火しました。
また、篠町のみなさんに「光の祭典」のPRを兼ね8月6日に初のプレイベントを七夕公園で事前点灯を行ないました。
七色公園にはNHK大河ドラマ化を目指し「絆を信じ生き抜いた戦国時代」の明智光秀・細川幽斎・ガラシャと忠興の似顔絵を東輝中学校、詳徳中学校の美術部のみなさんが描いた大作を展示しました。
また、区長・町つくり会員で製作した1,400個の竹灯ろうに篠町の皆さんが描いた絵紙を貼り付けロウソクに灯をともしました。
140807光の祭典3 ご家族がわが子が描いた竹とうろうを見つけて喜び合っている様子がほほえましく家族の絆を感じました。
このように篠町のみなさんは夏の夜のひととき「光の祭典と保津川花火大会」を堪能されていました。
この行事は篠町自治会区長・町つくり推進会・防犯推進委員・消防団の皆さんが一丸となって「篠町の賑わい」を願って頑張っている夏の行事です。

編集長 について

京都府亀岡市篠町自治会です。
カテゴリー: 行事 パーマリンク